コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インシャー・アッラー・ハーン Inśā ‘Allāh Khān

世界大百科事典 第2版の解説

インシャー・アッラー・ハーン【Inśā ‘Allāh Khān】

1756ころ‐1818
インドのウルドゥー語文学の一派であるラクナウ詩派第1期の詩人。シーア派第6代イマームの家系に連なる名門の出である。ムルシダーバードで生まれた彼は,父に伴われてファイザーバードに移り,16歳の時にアウド王国のナワーブ・シュジャーウッダウラの宮廷に出仕した。非常な美男子で能弁であった彼はナワーブの寵を集めたが,多くのねたみも買い,ナワーブの没後デリーをはじめ各地を転々とした。晩年は再びラクナウに戻った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

インシャー・アッラー・ハーンの関連キーワードサウド家竹田出雲(2代)ブラック七年戦争ブラック(Joseph Black)岩間乙二頼杏坪ギフォードコンデ家デピネー夫人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android