インスリン依存性糖尿病

栄養・生化学辞典の解説

インスリン依存性糖尿病

 インスリン依存型糖尿病I型糖尿病若年性糖尿病ともいう.インスリンを投与することにより治療ができ,症状が改善できる型の糖尿病で,膵臓ランゲルハンス島のB細胞におけるインスリンの合成・分泌の障害により起こる.ウイルス感染,自己免疫などが原因となる.小児期から思春期に発生することが多い.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android