コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インスリン非依存型糖尿病の薬物療法 いんすりんひいぞんがたとうにょうびょうのやくぶつりょうほう

家庭医学館の解説

いんすりんひいぞんがたとうにょうびょうのやくぶつりょうほう【インスリン非依存型糖尿病の薬物療法】

 食事療法と運動療法を適切に実行しているのに血糖(けっとう)のコントロールが悪い場合は、血糖値を下げる経口血糖降下薬(けいこうけっとうこうかやく)の服用が必要になります。作用の穏やかな薬から使い始め、血糖値の推移をみながら使用する薬を決めます。
 経口血糖降下薬を使用していると、インスリン非依存型糖尿病でも、運動によって低血糖(ていけっとう)がおこる危険があります。そのため、自分の使っている薬を知っておくことがたいせつです。
 強いストレスが加わると糖尿病性ケトアシドーシス(インスリン依存型糖尿病の「症状」)をおこす、ペットボトルケトアシドーシスをおこす、診断のついたときから太っていないといった場合は、残っている膵臓(すいぞう)のインスリン分泌(ぶんぴつ)能力を補い、膵臓を休養させるためにインスリン療法(インスリン依存型糖尿病の「治療」のインスリン療法)が行なわれることもあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android