コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インスリン非依存型糖尿病の薬物療法 いんすりんひいぞんがたとうにょうびょうのやくぶつりょうほう

1件 の用語解説(インスリン非依存型糖尿病の薬物療法の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

いんすりんひいぞんがたとうにょうびょうのやくぶつりょうほう【インスリン非依存型糖尿病の薬物療法】

 食事療法運動療法を適切に実行しているのに血糖(けっとう)のコントロールが悪い場合は、血糖値を下げる経口血糖降下薬(けいこうけっとうこうかやく)の服用が必要になります。作用の穏やかな薬から使い始め、血糖値の推移をみながら使用する薬を決めます。
 経口血糖降下薬を使用していると、インスリン非依存型糖尿病でも、運動によって低血糖(ていけっとう)がおこる危険があります。そのため、自分の使っている薬を知っておくことがたいせつです。
 強いストレスが加わると糖尿病性ケトアシドーシス(インスリン依存型糖尿病の「症状」)をおこす、ペットボトルケトアシドーシスをおこす、診断のついたときから太っていないといった場合は、残っている膵臓(すいぞう)のインスリン分泌(ぶんぴつ)能力を補い、膵臓を休養させるためにインスリン療法(インスリン依存型糖尿病の「治療」のインスリン療法)が行なわれることもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

インスリン非依存型糖尿病の薬物療法の関連キーワード行動療法物理療法運動療法メタボリック症候群理学療法食事箋食事療法精神科学療法理学療法士と作業療法士積極的治療

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone