コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運動療法 うんどうりょうほう therapeutic exercises

5件 の用語解説(運動療法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運動療法
うんどうりょうほう
therapeutic exercises

運動を手段として用いる病気の治療法。整形外科領域におけるリハビリテーション (理学療法) と,糖尿病や気管支喘息虚血性心疾患高血圧などの内科的な病気の治療に用いられる場合がある。スポーツ選手のリハビリテーションは,単に社会復帰できるだけでは駄目で,元の競技生活ができるようにならねばならない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

運動療法

 運動によってグルコースの利用亢進,インスリンに対する感受性の改善などをはかる糖尿病の基本的治療法の一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うんどうりょうほう【運動療法 functional therapy】

身体全体またはその一部を動かして,症状の軽減とか機能の回復を目指す療法で,治療体操機能訓練などともいう。筋力増強,麻痺回復促進訓練,関節可動域回復訓練,歩行訓練,心肺機能改善訓練などが含まれる。筋力増強は実際の筋力(瞬発力)と筋持久力の増大を目標とするが,一般にプログラムとして用いられるのは漸増抵抗運動である。これは,まず軽い抵抗量(たとえば最大抵抗量の10%)から始めて,全関節可動域にわたって10回挙上運動を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うんどうりょうほう【運動療法】

失ったり、減退した運動機能を回復するために行う運動訓練。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運動療法
うんどうりょうほう

運動を手段に用いる治療法。リハビリテーション医療における身体機能回復のための運動訓練のほか、糖尿病や高血圧、心臓病などの治療のために食事療法薬物療法とあわせて処方されるものがある。
 糖尿病治療のためには、エネルギーの摂取・消費バランスの改善を目的に、食事療法や薬物療法と併用して運動療法が処方される。血糖降下薬インスリンの感受性を高める効果があり、結果として血糖値を下げ肥満改善にも有効である。高血圧治療の目的でもほかの療法と組み合わせて処方される。
 運動療法は、狭心症や心筋梗塞(こうそく)など循環器疾患の悪化や再発を予防し、快適な生活を送るための総合的なプログラムである「心臓リハビリテーション」にも取り入れられている。心臓リハビリテーションは、学習指導(心臓病に対する正しい知識を教授する講義、食事療法や禁煙指導など)、カウンセリング(社会復帰や職場復帰へのアドバイス、不安やうつ状態についての相談)と運動療法で構成され、運動療法は(1)運動負荷試験による最適な運動強度・運動時間の決定、(2)専門スタッフの監視下でのトレーニング、(3)在宅での運動療法の指導、という流れで行われる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の運動療法の言及

【水治療法】より

…水は比熱が高いために熱を吸収したり逆に熱を与えるのに時間を要するが,この性質を人体に応用したものに,温水を用いる温熱療法,冷水を用いる寒冷療法などがある。また,水の温度,浮力,抵抗,水圧などが運動療法に利用される。場合によっては水蒸気にしたり氷にして用いることもあり,人体の局所に用いることもあれば全身浴として治療することもある。…

【理学療法】より

…以上はすべて今日の理学療法に含まれるが,さらにリハビリテーション医学において運動機能を回復させる,運動の再教育という目標も加わることになった。すなわち理学療法は,物理療法運動療法を組み合わせて,運動障害の改善,治療の分野に確固たる地位を占めるに至ったのである。 理学療法の原理は,(1)組織,循環の維持および改善,(2)関節可動域の維持および改善,(3)筋力の維持および改善,(4)痛みや浮腫,痙攣(けいれん)などの緩和をめざした緩解治療,(5)原疾患の合併症として栄養障害や萎縮,癒着や拘縮などの予防,(6)全身状態の改善,(7)種々の器械や装具,自助具の使用による運動性の維持および改善,である。…

※「運動療法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

運動療法の関連キーワード運動器官一体全体可動堰省字用兵スリミング覆面レスラー縮分法シリシルタイト脱落症状

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

運動療法の関連情報