コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターカレーション intercalation

翻訳|intercalation

デジタル大辞泉の解説

インターカレーション(intercalation)

層状構造などをもつ物質の隙間に他の物質を挿入すること。またそのような化学反応可逆反応であり、元の基本構造を保持したまま、イオン分子が電子を授受しながら入り込む。挿入される物質をインターカラントといい、その種類や量によって電気的・化学的特性を制御することができる。リチウムイオン電池の電極素材などで応用されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

インターカレーション【intercalation】

挿入。間に入れること。
層状の物質の間に分子やイオンを挿入し、新たな高分子材料として利用すること。二つの物質間の相互作用により新たな特性が得られる、挿入する物質を規則正しく配列することができる、などの利点がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

インターカレーションの関連キーワード層状構造相互作用層状利点

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android