コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターネットデータセンター

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インターネットデータセンター

顧客のサーバーを預り、インターネットへの接続(コネクティビティ)と、サーバーの運用、監視環境(ファシリティ)を提供するサービス、またはその施設。「IDC」と略され、サービスを提供する事業者を「IDC事業者」という。Webサイトでのサービスをビジネスの柱とするドットコム企業をはじめ、多くの企業がインターネットを利用したビジネスを行なうようになった現在、サービスの拠点になるサーバーには、「速い」「安全」「確実」の要素が不可欠とされている。こうした要素を間違いなく満たせる環境を構築するには多大なコストがかかるため、企業はIDCにサーバーを預け、インターネットへの接続、サーバーの運用と監視を委託(アウトソーシング)するのが一般的になっている。IDCには通常、数100M~数Gbpsの高速インターネット回線が接続され、大容量で冗長化した給電システムや消火システム、耐震構造が備えられている。また、最先端の認証システムや監視カメラにより、人間の出入りや行動も厳重に管理されているため、顧客は安心してサーバーを預けることができる。IDCの機能としては、「回線+場所貸し」のコロケーション(ハウジング)が基本になるが、事業者によってはサーバー機器もいっしょに貸与するホスティングや、運用や管理の代行、コンサルティングといった付加サービスも提供されている。なお、コロケーションを利用した場合、顧客やインテグレータはIDCに出向いたり、リモートツールでサーバーの設定や運用を行なうことになる。IDCは1995年ごろから米国で注目されるようになり、国内でも2000年に入ってサービスが続々と開始され始めた。外資系事業者ではエクソダス、アバヴネット、ケーブル・アンド・ワイヤーレスIDC、デジタルアイランド、国内事業者では日本ユニシス、NTT、富士通などが有力。なお、国内ではサン、シスコ、オラクルが中心となって「iDCイニシアティブ」という業界団体が設立され、「餅は餅屋」的にIDC事業全般を各社の分業体制で統合することで、日本のインターネットインフラの拡充を図っている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

インターネットデータセンター【internet data center】

インターネット用の大量のウェブサーバールーターなどを収容し、高速のインターネット接続サービスを提供する施設。災害や停電、セキュリティー上の対策が施されている。また、企業などの顧客が自前のサーバーを設置する場所を提供するハウジングサービスと、サーバーの貸し出しとシステムの運用管理を代行するホスティングサービスの2種類のサービス形態がある。◇略して「データセンター」ともいう。また、頭文字から「IDC」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

インターネットデータセンターの関連キーワードAGS

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インターネットデータセンターの関連情報