コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インテグレーター

3件 の用語解説(インテグレーターの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インテグレーター

回路上で、入力端子の電圧を時間で積分する演算器。積分器とも呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

インテグレーター

国際宅配業者など、貨物の集配を含め幹線輸送を自ら一貫で行う物流事業者のこと。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インテグレーター
いんてぐれーたー
integrator

国際貨物輸送において、配送元から配送先まで、ドア・ツー・ドアの輸送を行う巨大物流事業者。通常、国際的な貨物運送業務は分業制が敷かれており、集配は自社で行うが、幹線輸送については航空機を保有する他業者を利用する「フォワーダー」と、航空機を保有し定期便輸送で複数のフォワーダーの貨物を輸送する「キャリアー」に分かれている。その二つの業務を一つの企業グループで統合(インテレグレート)して行うのがインテグレーターである。
 自社グループ内で一貫した情報システムをもち、輸送品質、納期の面で有利な立場にある。ただし自社で航空機、物流センター、カーゴ、配送車などを保有するため、設備に大きな投資が必要で、莫大な輸送量がなければ自社インフラを維持することはできない。世界4大インテグレーターとして、アメリカのフェデックス(FedEx Corporation)とUPS(United Parcel Service Inc.)、ドイツのDHL(Deutsche Post DHL)、オランダのTNT(TNT Express Worldwide Inc.)がある。日本には大手フォワーダーはあるものの、キャリアーは規模が小さく、グローバルに活躍しているインテレグレーターはない。複数の事業者が集まり、和製インテグレーターを生み出す構想もある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インテグレーターの関連キーワード通運事業宅配便貨物駅集配宅配町回りIWTOクーリエサービス流通業者

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インテグレーターの関連情報