インドシナ民族連合戦線(読み)インドシナみんぞくれんごうせんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドシナ民族連合戦線
インドシナみんぞくれんごうせんせん

1951年ラオスとカンボジアに結成された連合戦線。第2次世界大戦後,抗仏民族解放闘争が開始されていたが,ベトナムにおける戦いが激化し,インドシナ全域に拡大するに及び,両国の急進派は,50年ラオ・イサラ,クメール・イサラク (→イサラ ) の抗仏政権を樹立。 51年3月にベトナム民主共和国の抗仏連合戦線ベトミンを中心に3者でインドシナ民族連合戦線が結成され,共同してフランス軍と戦った。 54年インドシナ休戦ののち,連合戦線は一応解消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android