インドシナ民族連合戦線(読み)インドシナみんぞくれんごうせんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドシナ民族連合戦線
インドシナみんぞくれんごうせんせん

1951年ラオスとカンボジアに結成された連合戦線。第2次世界大戦後,抗仏民族解放闘争が開始されていたが,ベトナムにおける戦いが激化し,インドシナ全域に拡大するに及び,両国の急進派は,50年ラオ・イサラ,クメール・イサラク (→イサラ ) の抗仏政権を樹立。 51年3月にベトナム民主共和国の抗仏連合戦線ベトミンを中心に3者でインドシナ民族連合戦線が結成され,共同してフランス軍と戦った。 54年インドシナ休戦ののち,連合戦線は一応解消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android