インドネシア文学(読み)インドネシアぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドネシア文学
インドネシアぶんがく

インドネシア共和国の国語であるインドネシア語による文学。したがってジャワ文学,スンダ文学など地方語文学は含まない。古くからこの地域の共通語,文化語であったマレー語を母体として成立したインドネシア語による文学として,マレー古典文学 (→マレー文学 ) をいわば前史としてもち,その始期を 1920年代にみるのが一般的である。この時代,オランダ政庁が設立したバライ・ブスタカ (図書局兼出版局) の出版活動により,地方社会の古い因習と新しい自我の葛藤をテーマとする小説が生まれた。次いで新時代の統一文化を形成するとの自負に燃えた青年作家たちの雑誌『プジャンガ・バル』が文学活動の主たる舞台となった。第2次世界大戦後は,日本軍政下と独立戦争の激動期のなかから生まれた「45年世代」のハイリル・アンワルイドルスプラムディア・アナンタ・トゥールらによって,詩,散文とも現代文学としての評価を確立した。ヤシンが「66年世代」としてまとめたその後の文学者として,アイプ・ロシディレンドラ,トゥフィック・イスマイル,トリスノユオノ,Nh.ディニらがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のインドネシア文学の言及

【インドネシア】より

…この意味で現在の文化は,地方とセンターの,また伝統と現代の諸要素が相互に作用し合う状況にある。【土屋 健治】
【文学】
 ここにインドネシア文学と呼ぶのは,独立インドネシアが憲法で国語と定めているインドネシア語による文学である。 インドネシアには,ジャワ語をはじめとして200を超す地方語(種族語)があるといわれる。…

※「インドネシア文学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android