コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インナーヘブリディーズ諸島 インナーヘブリディーズショトウ

デジタル大辞泉の解説

インナーヘブリディーズ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【インナーヘブリディーズ諸島】

Inner Hebrides》英国スコットランド北西岸に連なるヘブリディーズ諸島のうち、スカイ島マル島アイオナ島ジュラ島などからなる島々。漁業やウイスキーの生産が盛ん。6世紀にアイルランド出身の修道僧、聖コルンバがアイオナ島に修道院を建て、スコットランドやイングランド北部への布教の拠点とした。8世紀にバイキングの定住がはじまりノルウェーの属領になり、13世紀にスコットランド王国に割譲された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

インナーヘブリディーズ諸島の関連キーワードフィンガルの洞窟フィンガル洞窟クレイグニュアイーズデール島アイオナ修道院アイレー[島]ウーイスト諸島ジュラ[島]スタッファ島ポートリートバモリーアイラ島シール島ボウモアケレラ島

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android