コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インナーヘブリディーズ諸島 インナーヘブリディーズショトウ

1件 の用語解説(インナーヘブリディーズ諸島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

インナーヘブリディーズ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【インナーヘブリディーズ諸島】

Inner Hebrides》英国スコットランド北西岸に連なるヘブリディーズ諸島のうち、スカイ島マル島アイオナ島ジュラ島などからなる島々。漁業やウイスキーの生産が盛ん。6世紀にアイルランド出身の修道僧、聖コルンバアイオナ島修道院を建て、スコットランドイングランド北部への布教の拠点とした。8世紀にバイキングの定住がはじまりノルウェーの属領になり、13世紀にスコットランド王国に割譲された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

インナーヘブリディーズ諸島の関連キーワードバヌアツ関係閣僚会議外種皮インナーフォーカスIFジ・インナー・ライト内陸アジア史学会向心・離心霊友会

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone