コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘブリディーズ諸島 ヘブリディーズしょとうHebrides

翻訳|Hebrides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘブリディーズ諸島
ヘブリディーズしょとう
Hebrides

イギリススコットランド西岸沖の大西洋にある島群。ルイス・ハリス島,北ユーイスト島,ベンベキューラ島,南ユーイスト島,バラ島などが弓形に連なる外ヘブリディーズと,スカイ島マル島ジュラ島アイレー島などが散在する内ヘブリディーズの 2島群からなり,両者はミンチ海峡とリトルミンチ海峡によって分けられる。大小 500以上の島からなるが,そのうち人が居住する島は 100以下。8世紀以降ノルウェーの支配下に置かれたが,1266年スコットランド領に編入された。18世紀にジャガイモ栽培の導入と内戦の終結から人口が急増したが,しばしば凶作に見舞われ,18世紀末からカナダ,オーストラリアへ多くの移住者を送り出した。手紡ぎ手織りで知られる昔ながらのハリスツイード(→ツイード)は南ユーイスト島と北ユーイスト島が主産地。ルイス島は環状列石をはじめ先史時代の遺跡,遺物に富み,北部のストーノウェー港はニシン漁の根拠地として発展。行政的には外ヘブリディーズはウェスタンアイルズに,内ヘブリディーズの北部はハイランドに,南部はアーガイル・ビュートに属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘブリディーズ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ヘブリディーズ諸島】

Hebrides》英国スコットランド北西部の諸島。漁業や牧羊が行われる。→アウターヘブリディーズ諸島インナーヘブリディーズ諸島
[補説]作品名別項。→ヘブリディーズ諸島

ヘブリディーズしょとう【ヘブリディーズ諸島】[曲名]

《原題、〈ドイツ〉Die Hebriden》⇒フィンガルの洞窟

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ヘブリディーズ諸島

ドイツの作曲家フェリックス・メンデルスゾーンの管弦楽曲『フィンガルの洞窟』の別邦題。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ヘブリディーズしょとう【ヘブリディーズ諸島】

〔Hebrides〕 イギリス、スコットランドの北西方にある諸島。牧羊・牧牛が行われる。観光地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘブリディーズ諸島
へぶりでぃーずしょとう
Hebrides

イギリス、スコットランド北西岸に連なる諸島。約500の島々からなり、面積7380平方キロメートル、人口約6万。スコットランド本土に近接するスカイ、マル、ジュラ、アイレーなどの島々からなるインナー・ヘブリディーズ諸島と、リトル・ミンチ海峡を隔てて位置するルーイス、南北ウーイストなどの島々からなるアウター・ヘブリディーズ諸島からなる。島々は北緯55度30分~58度30分にあって大西洋に面するので、冷涼で霧の多い気候下にあり、そのため農耕には適さない。8世紀にノルウェーの支配下に入り、1266年にスコットランド王に譲られたので、地名や風習はスカンジナビア風のものが残っている。隔絶性が強いため、18世紀のチャールズ王子隠遁(いんとん)の史話や、地方色豊かな民話・民謡が残されている。諸島の主産業は漁業、牧畜、ツイード織で、近年は観光地として脚光を浴びている。[小池一之]
『藪内芳彦著『島――その社会地理』(1972・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘブリディーズ諸島の関連キーワード北ニューヘブリディーズ海溝南ニューヘブリディーズ海溝オールドマンオブストーセント・キルダ[島]エスピリトゥサント島ニューヘブリデス諸島インバーネスシャーサンゴ(珊瑚)海ペンテコスト島アイオナ修道院ウーイスト諸島クレイグニュアイーズデール島ダンベガン城エロマンゴ島バンクス諸島スタッファ島アンブリム島エファテ島トレス諸島

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘブリディーズ諸島の関連情報