コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘブリディーズ諸島 ヘブリディーズしょとう Hebrides

翻訳|Hebrides

6件 の用語解説(ヘブリディーズ諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘブリディーズ諸島
ヘブリディーズしょとう
Hebrides

イギリススコットランド西岸沖の大西洋にある島群。ルイス・ハリス島,北ユーイスト島,ベンベキューラ島,南ユーイスト島,バラ島などが弓形に連なる外ヘブリディーズと,スカイ島マル島ジュラ島アイレー島などが散在する内ヘブリディーズの 2島群からなり,両者はミンチ海峡リトルミンチ海峡によって分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘブリディーズ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ヘブリディーズ諸島】

Hebrides》英国スコットランド北西部の諸島。漁業や牧羊が行われる。→アウターヘブリディーズ諸島インナーヘブリディーズ諸島
[補説]作品名別項。→ヘブリディーズ諸島

ヘブリディーズしょとう【ヘブリディーズ諸島】[曲名]

《原題、〈ドイツDie Hebriden》⇒フィンガルの洞窟

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ヘブリディーズ諸島

ドイツの作曲家フェリックス・メンデルスゾーンの管弦楽曲フィンガルの洞窟』の別邦題。原題《Die Hebriden》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ヘブリディーズしょとう【ヘブリディーズ諸島】

〔Hebrides〕 イギリス、スコットランドの北西方にある諸島。牧羊・牧牛が行われる。観光地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘブリディーズ諸島
へぶりでぃーずしょとう
Hebrides

イギリス、スコットランド北西岸に連なる諸島。約500の島々からなり、面積7380平方キロメートル、人口約6万。スコットランド本土に近接するスカイ、マル、ジュラアイレーなどの島々からなるインナー・ヘブリディーズ諸島と、リトル・ミンチ海峡を隔てて位置するルーイス、南北ウーイストなどの島々からなるアウター・ヘブリディーズ諸島からなる。島々は北緯55度30分~58度30分にあって大西洋に面するので、冷涼で霧の多い気候下にあり、そのため農耕には適さない。8世紀にノルウェーの支配下に入り、1266年にスコットランド王に譲られたので、地名や風習はスカンジナビア風のものが残っている。隔絶性が強いため、18世紀のチャールズ王子隠遁(いんとん)の史話や、地方色豊かな民話・民謡が残されている。諸島の主産業は漁業、牧畜、ツイード織で、近年は観光地として脚光を浴びている。[小池一之]
『藪内芳彦著『島――その社会地理』(1972・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘブリディーズ諸島の関連キーワードスコットランドヤードエジンバラアイオナ修道院アイオナ島Highlandsスコットランド幻想曲スコットランド室内管弦楽団ラストキング・オブ・スコットランドアイレー[島]スコットランド風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘブリディーズ諸島の関連情報