インパクトファクター(英語表記)impact factor

デジタル大辞泉の解説

学術雑誌の重要性または影響度を定量化した指標の一つ。主に自然科学、社会科学分野の学術雑誌について、掲載論文の年間の被引用回数から求められる。IF
[補説]ある年のインパクトファクターIは、前年の掲載論文数をA、前々年の掲載論文数をB、前年と前々年の掲載論文のうち当該年における引用回数をCとすると、I=C/(A+B)で表される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

引用頻度を用いて,文献群の重要度や影響力を測定するための尺度の一つ.引用影響度,影響力係数ともいう.文献群としては,1雑誌の掲載論文,1著者の執筆論文などが用いられる.1972年にガーフィールド(Eugene Garfield 1925-2017)は,雑誌の影響力を計測するために,その雑誌が引用された回数の合計をその雑誌の掲載論文数で割った値,すなわち「雑誌別の1論文あたりの平均引用回数」を利用し,この係数を引用影響度と名付けた.これはjournal impact factorで,同じ計算手法を著者別に適用するとauthor impact factorとなる.引用された回数の単純な合計で影響力を評価すると掲載論文数の多い雑誌ほど値が大きくなるので,これを補正した係数となっている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インパクトファクターの関連情報