インプット・アウトプット分析(読み)インプット・アウトプットぶんせき(英語表記)input-output analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インプット・アウトプット分析
インプット・アウトプットぶんせき
input-output analysis

アメリカの政治学者 D.イーストンの政治分析モデル。政治を「価値の権威的配分」と考えたイーストンは,生理学,物理学などのシステム論の影響を受け,体系と環境のインプットとアウトプットの関係を中心に理論をつくった。アーモンドらは後にそれを受容しつつ,構造機能分析を用いて,より精緻なモデルを構築している。イーストンのモデルは,政治システムと環境,システムへの入力と出力,フィードバックにより構成される。政治システムは入力を出力に変換する装置であり,入力=要求・支持,出力=決定・政策である,としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のインプット・アウトプット分析の言及

【健康管理】より

…活動対象は,コミュニティ(広義)内部の種々のアソシエーション(国,事業所,官公庁,学校,地域,家庭など)と特定の人間集団(婦人,老人,青少年,心身障害者など)のすべてに向けられる。また活動内容には,上記のヘルス・ケア(またはメディカルケア)の諸技法にとどまらず,インプット・アウトプット分析(保健,医療行為に投下された費用,人員,施設,時間などのすべてと,それによって得られる効果の関係を分析すること),モニタリングなど,活動効果の向上と効率化を目的とするマネジメント技法が含まれる。【荒記 俊一】。…

※「インプット・アウトプット分析」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android