コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イン・バスケット・トレーニング イン・バスケット・トレーニング

人事労務用語辞典の解説

イン・バスケット・トレーニング

イン・バスケット(in-basket)とは直訳すると、未決裁書類を入れる「未決箱」のこと。この未決箱に集められたさまざまな架空の案件に優先順位をつけ、迅速に処理していく訓練を「イン・バスケット・トレーニング」といいます。部長、課長など、擬似的に設定された役職者の立場になり、一定時間内に与えられた複数の課題をいかに適切に解決するか――判断や意思決定のシミュレーションを行うケーススタディの一種です。リーダーや管理者の能力開発、能力アセスメントに活用されます。
(2010/7/5掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

イン・バスケット・トレーニングの関連キーワード変動為替相場制商品バスケットsoap basketバスケット取引マーケットバスケット方式ロックンロール・ウイドーバスケット・ケースはえなわ(延縄)バスケット・メーカー文化マーケットバスケット方式

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android