コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イースタンガーツ山脈(読み)イースタンガーツさんみゃく(英語表記)Eastern Ghāts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イースタンガーツ山脈
イースタンガーツさんみゃく
Eastern Ghāts

インド半島の東岸に連なる山脈の総称。開析された丘陵性の山地で,全長約 1500km,平均標高 500~700m。オリッサ州中部から,南西,南へと連なり,南部はニルギリ丘陵ウェスタンガーツ山脈に接続する。デカン高原の東縁にあたり,ベンガル湾側には比較的広い海岸平野がある。マハーナディ川ゴダバリ川クリシュナ川などが,広い谷を形成して横切っている。地下資源は北部と南部の鉄鉱石,ボーキサイト,中部の雲母が主。ゴダバリ川,カウベリ川の電源開発も進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android