コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーチュン(宜春)市 イーチュンYichun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーチュン(宜春)〔市〕
イーチュン
Yichun

中国華東地方,チヤンシー (江西) 省の西部にある市。イーチュン地区の行政中心地。カン (贛) 江の支流であるユワン (袁) 水の両岸にあり,南にウーコン (武功) 山,北にフォンティン (峰頂) 山を望む。農村部では水稲,コムギ,サツマイモ,アブラナ,カラムシを栽培し,山地はつばき油,木材,竹材を産する。カラムシを原料とするシヤ (夏) 布の産地として知られ,花火,漆器,ソンホワピータン (松花皮蛋) も特産品である。南西のウェンタン (温湯) に温泉がある。チョーカン (浙 贛) 鉄道が通る。人口 83万 6110 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android