コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーラン(依蘭)鎮 イーランちんYilan zhen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーラン(依蘭)鎮
イーランちん
Yilan zhen

中国東北地方,ヘイロンチヤン (黒竜江) 省東部,ソンホワ (松花) 江とムータン (牡丹) 江の合流点にある町。チャムス (佳木斯) 特別市イーラン県の行政中心地。古くから女真族の一根拠地で,「イランハラ Ilan Hala (3つの姓) 」と呼ばれた。遼代には五国部の一つ越里吉部が拠り,金では五国城として知られたが,清の康煕帝が三姓城を築いてからは三姓と呼ばれてきた。水運の要地で,木材,大豆,魚類,雑穀などを集散。付近に金鉱がある。ハルビン (哈爾浜) 市から航空路も開ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イーラン(依蘭)鎮の関連キーワードムータン(牡丹)江

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android