コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウァレンティニアヌス[2世] Flavius Valentinianus II

世界大百科事典 第2版の解説

ウァレンティニアヌス[2世]【Flavius Valentinianus II】

371‐392
ローマ皇帝。在位375‐392年。ウァレンティニアヌス1世の子。4歳で帝位に擁立され,イリュリクムアフリカイタリアの支配権を与えられる。ミラノに宮廷を置き,母ユスティナフランク人将校バウトの後見を受けた。387年簒奪帝マクシムスにイタリアを追われたが,翌年テオドシウス1世が簒奪帝を倒して復位。以後ガリアでフランク人将軍アルボガストの後見を受けたが,392年に死去。自殺かアルボガストによる殺害かは,意見が分かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウァレンティニアヌス[2世]の関連キーワードルフィヌステオドシウス(1世)ウァレンチニアヌス2世故国原王エウゲニウス共同抵当テオドシウス1世ADSLアゲシラオス2世中山綾

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone