ウァレンティニアヌス[2世](英語表記)Flavius Valentinianus II

世界大百科事典 第2版の解説

ウァレンティニアヌス[2世]【Flavius Valentinianus II】

371‐392
ローマ皇帝。在位375‐392年。ウァレンティニアヌス1世の子。4歳で帝位に擁立され,イリュリクム,アフリカ,イタリアの支配権を与えられる。ミラノに宮廷を置き,母ユスティナやフランク人将校バウトの後見を受けた。387年簒奪帝マクシムスにイタリアを追われたが,翌年テオドシウス1世が簒奪帝を倒して復位。以後ガリアでフランク人将軍アルボガストの後見を受けたが,392年に死去。自殺かアルボガストによる殺害かは,意見が分かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android