ウァレンティニアヌス[2世](英語表記)Flavius Valentinianus II

  • 2世
  • ウァレンティニアヌス

世界大百科事典 第2版の解説

371‐392
ローマ皇帝。在位375‐392年。ウァレンティニアヌス1世の子。4歳で帝位に擁立され,イリュリクムアフリカ,イタリアの支配権を与えられる。ミラノ宮廷を置き,母ユスティナやフランク人将校バウトの後見を受けた。387年簒奪帝マクシムスにイタリアを追われたが,翌年テオドシウス1世が簒奪帝を倒して復位。以後ガリアでフランク人将軍アルボガストの後見を受けたが,392年に死去。自殺かアルボガストによる殺害かは,意見が分かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android