コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィトロカイト whitlockite

世界大百科事典 第2版の解説

ウィトロカイト【whitlockite】

鉱物の一種。化学組成はCa3(PO4)2であるが,通常Ca2+の一部を少量のMn2+,Fe2+,Mg2+などで,またPO43-の一部を少量のCO32-により置換している。六方晶系に属し,ときには板状の結晶となるが,粒状集合体,土壌状を示す場合もある。無色,白色,灰色を呈し,モース硬度5,比重3.15。ペグマタイト中にその末期生成物として石英,リョウ鉄鉱およびリン灰石などのリン酸塩鉱物を伴って産出する場合や,リン酸塩岩石中に存在する場合などが報告されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィトロカイトの関連キーワードリン酸カルシウム(燐酸カルシウム)リン灰石ラドラム鉄鉱リン酸カルシウムリン酸カルシウムアヘイル石カコクセン石ブラシュ石リン(元素)ラブドフェン(データノート)

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android