コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィラモウィッツ=メレンドルフ ウィラモウィッツ=メレンドルフWilamowitz-Moellendorff, Ulrich von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィラモウィッツ=メレンドルフ
Wilamowitz-Moellendorff, Ulrich von

[生]1848.12.22. ポズナニ近郊
[没]1931.9.25. ベルリン
ドイツの文献学者。ボン,ベルリン両大学で文献学を学び,1872~74年イタリア,ギリシアに留学,74年ベルリン大学講師,76年グライフスワルト,83年ゲッティンゲン,97年ベルリン各大学教授を歴任。古典文献学に歴史的方法を導入し,文献批判,文献解説に新生面を開いた。ギリシア悲劇の研究,翻訳に大きな業績を残し,また彼の指導のもとですぐれた弟子たちが輩出した。主著『ホメロス研究』 Homerische Untersuchungen (1884) ,『プラトン』 Platon (1919) ,『ギリシア詩学』 Griechen Verskunst (21) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウィラモウィッツ=メレンドルフの関連キーワード悲劇の誕生

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android