ウィリアム・ロバート ブルックス(英語表記)William Robert Brooks

20世紀西洋人名事典の解説

ウィリアム・ロバート ブルックス
William Robert Brooks


1844 - 1921
米国の天文学者
元・ウィリアム・スミス・カレッジ天文学教授。
英国生まれ。
1857年米国に移住。天文観測、装置づくりを少年の頃から始め、天文台を自宅につくり、最初の彗星を1881年に発見。その後1888年までに10個の彗星を発見。1888年新設のスミス天文台に移り、16個の彗星を発見。1900年ホバート・カレッジ天文学教授、’08年ウィリアム・スミス・カレッジ天文学教授を歴任。’1900年にパリ・アカデミーのラランド賞をはじめ各国から多くの賞を受賞。王立天文学会会員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android