ウィルヒョー(英語表記)Virchow, Rudolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルヒョー
Virchow, Rudolf

[生]1821.10.13. ポンメルン,シーフェルバイン
[没]1902.9.5. ベルリン
ドイツの病理学者,人類学者,政治家。フィルヒョーとも呼ばれる。ベルリン大学医学部に学び,1846年ベルリン市立病院の病理解剖を担当。 47年ベルリン大学講師。同年に創刊された『病理解剖学,生理学,臨床医学紀要』という雑誌の発起人の一人となる。 49年,ウュルツブルク大学の病理解剖学教授となり,56年ベルリン大学病理解剖学教授兼病理研究所所長。 61年プロシアの下院議員となり,反ビスマルク軍国主義の態度を表明,自由主義グループの進歩党結成に尽力した。細胞病理学の創始者で,ドイツ人類学会の創始者。主著『生理的及び病理的組織学を基礎とする細胞病理学』 Die Cellularpathologie in ihrer Beründung auf physiologische und pathologische Gewerbelehre (1858) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android