コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルヒョー ウィルヒョー Virchow, Rudolf

3件 の用語解説(ウィルヒョーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルヒョー
ウィルヒョー
Virchow, Rudolf

[生]1821.10.13. ポンメルン,シーフェルバイン
[没]1902.9.5. ベルリン
ドイツ病理学者,人類学者,政治家。フィルヒョーとも呼ばれるベルリン大学医学部に学び,1846年ベルリン市立病院の病理解剖を担当。 47年ベルリン大学講師。同年に創刊された『病理解剖学生理学臨床医学紀要』という雑誌の発起人の一人となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィルヒョー
うぃるひょー
Rudolf Ludwig Carl Virchow
(1821―1902)

ドイツの病理学者、政治家。プロイセンの一地方ポメラニア(現、ポーランド)の小都市に生まれ、ベルリンでミュラーに師事して医学を学んだ。慈善病院の剖検医を経て、1849~1856年ウュルツブルク大学教授。1856年ベルリン大学に迎えられ、終生、病理学教室を主宰した。
 ウィルヒョーが残した最大の遺産は細胞病理学である。彼はシュワンの細胞説を一歩進め、「すべての細胞が細胞から」生まれると主張して、細胞が生命の基本の単位であることをはっきりさせた。さらに、病気も異なった条件における生理にほかならず、したがってあらゆる病理現象は、生理の担い手としての細胞の変化に帰着すると説き、この立場から病理学の広範な分野にわたって研究を進めた。今日使われている、白血病、感染症、血栓など、50に及ぶ術語が彼に由来している。その活動領域は公衆衛生や人類学に及んだ。都市衛生の改善に尽力し、シュリーマンのトロヤ発掘を援助したのもその例である。
 また政治に深い関心をもち、1861年以降プロイセン下院議員として進歩党を結成して議長を務め、1862年以降の憲法論争では宰相ビスマルクと対立した。彼の門からは次代を担った多数の医学者が輩出したが、日本からも三浦守治(1857―1916)、山極勝三郎(やまぎわかつさぶろう)らが学んでいる。主著に『細胞病理学』(1858)、『病的腫瘍(しゅよう)』(1863~1867)などがある。[梶田 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィルヒョーの関連キーワードトロンメルポンメルンリレハンメル懸命るんるんメクレンブルクフォアポンメルンチャンポンめんメルボルンカップメルボルンマラソンリンメル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィルヒョーの関連情報