ウィレム=アレクサンダー(英語表記)Willem-Alexander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィレム=アレクサンダー
Willem-Alexander

[生]1967.4.27. ユトレヒト
オランダ国王(在位 2013~ )。フルネーム Willem-Alexander Claus George Ferdinand。123年ぶりの男性国王。ベアトリクス王女とクラウス王子との間に,3人の息子の長子として生まれた。母が国王に即位した 1980年に第1王位継承権者となり,オランニェ公の称号を得た。教育の大半はオランダ国内で受けたが,1985年にイギリスのウェールズにあるアトランティック・カレッジで国際バカロレア資格を取得。オランダ海軍での兵役を終えたのち,1987~93年ライデン大学で歴史学を学んだ。王太子としてさまざまな公務を担うかたわら,私生活では大のスポーツ好きでさまざまなスポーツに取り組み,1992年にはニューヨークシティマラソンに参加した。1998年から 10年以上,国際オリンピック委員会 IOCの委員を務めた。2002年アルゼンチン出身のマクシマ・ソレギエタ(マクシマ妃)と結婚。2013年4月30日,ベアトリクスの退位に伴い,国王に即位。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android