ウィーンの変位法則(読み)ウィーンのへんいほうそく(英語表記)Wien's displacement law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーンの変位法則
ウィーンのへんいほうそく
Wien's displacement law

温度 T黒体放射のエネルギースペクトル u(ν,T) が最大になる波長 λmT に反比例し,λmTb ( b は定数) の式で表わされるという法則。ただし ν は熱放射の振動数である。この法則は実験的に精密に確かめられ,定数 b は 2.8978 mm・K と決定された。これによって高温度の測定ができる。たとえば,太陽光線の強度が最大となる波長が測定によって約 0.5μmであることを知れば,ウィーンの変位法則を使って,太陽の表面温度は 5800K であると推定できる。 1893年にドイツの物理学者 W.ウィーンによって発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android