ウィーン市立公園(読み)ウィーンしりつこうえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ウィーンしりつこうえん【ウィーン市立公園】

オーストリアの首都ウィーン市街の東、ドナウ川の支流のウィーン川の両岸に広がる広大な公園。1862年にウィーン改造計画の一環として建設された、ウィーン初の市立公園である。池や噴水、花壇などのある緑豊かな園内には、ワルツ王と呼ばれるヨハン・シュトラウス2世像、ウィーンでは唯一のシューベルト像のほか、レハールブルックナー、ロベルト・シュトルツなどウィーンゆかりの大音楽家や画家の像がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android