ウィーン文書1992(読み)ウィーンぶんしょいちきゅうきゅうに(英語表記)Vienna Document 1992 of CSBM

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーン文書1992
ウィーンぶんしょいちきゅうきゅうに
Vienna Document 1992 of CSBM

全欧信頼醸成安全保障会議 (CSBM) 交渉 (1989年3月~92年3月,ウィーン) で達成された合意をまとめた最終包括文書。 92年3月に採択され,5月1日に発効した。同文書は,軍事情報・軍事予算情報の交換を定め,一定規模以上の軍事活動に制限を加えたほか,その事前報告や査察を義務づけており,ヨーロッパの軍事的透明性が大いに高まると予想される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android