ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(読み)ウィーンフィルハーモニーかんげんがくだん(英語表記)Wiener Philharmoniker

世界大百科事典 第2版の解説

ウィーンフィルハーモニーかんげんがくだん【ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 Wiener Philharmoniker】

1842年に結成されたヨーロッパ屈指のオーストリアの管弦楽団。元来,ウィーン宮廷歌劇場の楽団であったが,宮廷楽長のO.ニコライの指揮で演奏会活動も行うようになった。今日でもオペラの場合にはウィーン国立歌劇場管弦楽団,演奏会の場合は上記の名称を名のっている。この楽団は楽員の自主運営により指揮者も楽団員によって選定される。これまで,マーラーワインガルトナー,フルトベングラーらが常任指揮者をつとめており,1971年よりアッバードClaudio Abbado(1933‐ )がその地位にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の言及

【オペラ】より


【概観】
 オペラは〈作品〉や〈動作〉を意味するイタリア語のopera(ラテン語opusの複数形)を語源とし,本来はopera in musica(音楽による作品)あるいはopera scenica(舞台付きの作品)と呼ぶべきものを,略してオペラと呼ぶようになった。古くはfavola in musica(音楽による物語),dramma per musica(音楽によるドラマ)等の呼称もあった。日本では〈歌劇〉と訳されている。…

※「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の関連情報