コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーム ベームBöhm, Georg

8件 の用語解説(ベームの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベーム
ベーム
Böhm, Georg

[生]1661.9.2. ホーエンキルヒェン
[没]1733.5.18. リューネブルク
ドイツオルガン奏者,作曲家。 1684~90年イェナ大学で学び,98年からリューネブルクの聖ヨハネ教会のオルガン奏者をつとめた。 J.S.バッハに影響を与えたといわれる。コラール前奏曲や組曲など多くのオルガンとチェンバロのための作品,教会音楽などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベーム
ベーム
Böhm, Karl

[生]1894.8.28. グラーツ
[没]1981.8.14. ザルツブルク
オーストリアの指揮者。最初法律を学んだが,ウィーンでマンディチェフスキーに音楽を学び,1920年グラーツ市立歌劇場の楽長となる。以後ミュンヘンダルムシュタットドレスデン,ウィーンなどの歌劇場の音楽監督を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベーム
ベーム
Böhm, Theobald

[生]1794.4.9. ミュンヘン
[没]1881.11.25. ミュンヘン
ドイツのフルート奏者。バイエルン宮廷楽団のフルート奏者として活躍するかたわら,音響学者シャーフホイトルと協力して 1832年頃ベーム式の多鍵フルートを考案。その結果,音程がとりやすく,運指が容易になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベーム(Karl Böhm)

[1894~1981]オーストリアの指揮者。ドレスデン・ウィーンの国立歌劇場、ウィーン‐フィルハーモニーなどの指揮者をつとめた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベーム

ドイツのオルガン奏者,作曲家。ゴータ付近ホーエンキルヘンの生れ。ドイツ・バロックオルガン音楽を代表する一人で,1698年から没するまでリューネブルク聖ヨハネ教会オルガン奏者。

ベーム

オーストリアの指揮者。グラーツに生まれ,同地の音楽院を卒業後ウィーンに学ぶ。生地の歌劇場の練習指揮者となり,1917年デビュー。1921年B.ワルターらの招きでミュンヘン国立歌劇場の指揮者となり,以後6年間ワルターの薫陶を受けた。
→関連項目サバリッシュシュワルツコップメトロポリタン歌劇場

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベーム【Karl Böhm】

1894‐1981
オーストリアの指揮者。グラーツに生まれ,同地の音楽院卒業。グラーツ歌劇場練習指揮者として指揮活動を始め,1917年デビュー。以後ミュンヘン,ダルムシュタット,ハンブルクの歌劇場を経て,34年から9年間ドレスデン国立歌劇場音楽総監督を務める。43年から2年間と54年から2年間はウィーン国立歌劇場音楽総監督。64年オーストリア音楽総監督の称号を受け,67年にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団名誉指揮者の称号を贈られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ベーム【Karl Böhm】

1894~1981) オーストリアの指揮者。ウィーン国立歌劇場総監督を務め、またウィーン-フィルハーモニー管弦楽団をはじめ多数の交響楽団を指揮した。モーツァルトの作品に特にすぐれた解釈を示す。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ベームの関連キーワード順治帝徳川綱重徳川頼房煮売屋順治帝寛文嵐三右衛門寛文模様藩札文字の獄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベームの関連情報