コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーム Böhm, Georg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベーム
Böhm, Georg

[生]1661.9.2. ホーエンキルヒェン
[没]1733.5.18. リューネブルク
ドイツのオルガン奏者,作曲家。 1684~90年イェナ大学で学び,98年からリューネブルクの聖ヨハネ教会のオルガン奏者をつとめた。 J.S.バッハに影響を与えたといわれる。コラール前奏曲や組曲など多くのオルガンとチェンバロのための作品,教会音楽などがある。

ベーム
Böhm, Karl

[生]1894.8.28. グラーツ
[没]1981.8.14. ザルツブルク
オーストリアの指揮者。最初法律を学んだが,ウィーンでマンディチェフスキーに音楽を学び,1920年グラーツ市立歌劇場の楽長となる。以後ミュンヘンダルムシュタットドレスデン,ウィーンなどの歌劇場の音楽監督を歴任。歌劇のみでなく管弦楽の指揮にもすぐれ,世界第一級の指揮者の一人。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を率いて数度来日した。

ベーム
Böhm, Theobald

[生]1794.4.9. ミュンヘン
[没]1881.11.25. ミュンヘン
ドイツのフルート奏者。バイエルン宮廷楽団のフルート奏者として活躍するかたわら,音響学者シャーフホイトルと協力して 1832年頃ベーム式の多鍵フルートを考案。その結果,音程がとりやすく,運指が容易になった。今日,同様の鍵機構は他の木管楽器にも及んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベーム(Karl Böhm)

[1894~1981]オーストリアの指揮者。ドレスデン・ウィーンの国立歌劇場、ウィーン‐フィルハーモニーなどの指揮者をつとめた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベーム

ドイツのオルガン奏者,作曲家。ゴータ付近ホーエンキルヘンの生れ。ドイツ・バロックのオルガン音楽を代表する一人で,1698年から没するまでリューネブルク聖ヨハネ教会オルガン奏者。

ベーム

オーストリアの指揮者。グラーツに生まれ,同地の音楽院を卒業後ウィーンに学ぶ。生地の歌劇場の練習指揮者となり,1917年デビュー。1921年B.ワルターらの招きでミュンヘン国立歌劇場の指揮者となり,以後6年間ワルターの薫陶を受けた。
→関連項目サバリッシュシュワルツコップメトロポリタン歌劇場

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベーム【Karl Böhm】

1894‐1981
オーストリアの指揮者。グラーツに生まれ,同地の音楽院卒業。グラーツ歌劇場練習指揮者として指揮活動を始め,1917年デビュー。以後ミュンヘン,ダルムシュタット,ハンブルクの歌劇場を経て,34年から9年間ドレスデン国立歌劇場音楽総監督を務める。43年から2年間と54年から2年間はウィーン国立歌劇場音楽総監督。64年オーストリア音楽総監督の称号を受け,67年にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団名誉指揮者の称号を贈られた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ベーム【Karl Böhm】

1894~1981) オーストリアの指揮者。ウィーン国立歌劇場総監督を務め、またウィーン-フィルハーモニー管弦楽団をはじめ多数の交響楽団を指揮した。モーツァルトの作品に特にすぐれた解釈を示す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ベームの関連キーワードフルート[flute / Fl]ドレスデン国立歌劇場管弦楽団エリザベート シュワルツコプダイアスポア(データノート)ルートヴィヒ・E. ミーゼスウィーン国立歌劇場管弦楽団ベーム石(データノート)トゥガン・バラノフスキーベルリン・ドイツ・オペラクリスタ ルートウィヒローレンス フォスタークリステル ゴルツサン・カルロ歌劇場不思議な世界の物語スウェーデン学派グシュルバウアーオーストリア学派ユリア ハマリ血を吸うカメラゼーフリート

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベームの関連情報