ウイリアム ミッチェル(英語表記)William Mitchell

20世紀西洋人名事典の解説

ウイリアム ミッチェル
William Mitchell


1879 - 1936
米国の軍人
元・陸軍少将。
ニース(フランス)生まれ。
1898年アメリカ陸軍志願兵となり、第一次大戦に従軍し、アメリカ陸軍航空部隊指揮官として功績をたてる。帰国後、空軍万能・陸軍無用論を唱え、1921年陸軍航空隊副司令となり、艦艇を爆撃により撃沈し、自説を実証するが、保守的な陸海軍幹部の反対にあい、軍法会議有罪となる。曲折の末’33年戦略爆撃機の開発が決まり、爆撃機部隊の創設となる。空軍創設に尽くした先駆者の一人である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android