コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイルス様粒子 ウイルスヨウリュウシ

1件 の用語解説(ウイルス様粒子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウイルスよう‐りゅうし〔‐ヤウリフシ〕【ウイルス様粒子】

見かけ上、ウイルスと似た外部構造をもつ構造体。通常、ウイルスはカプシドというたんぱく質でできた殻の中に、遺伝子DNARNAなどの核酸)を収めている。一方、ウイルス様粒子カプシドの殻もつが遺伝情報をもたないため、感染・増殖はしない。生体内にウイルス様粒子が入ると、生体は外部の殻を認識して免疫反応を起こし、通常のウイルスに対するのと同様に抗体をつくって攻撃を仕掛ける。このような性質を生かし、理論上感染の恐れがない安全なワクチン作成への応用が進められている。VLPvirus-like particle)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウイルス様粒子の関連キーワードヘルペスウイルスライノウイルスEBウイルスウイルス病ヒト免疫不全ウイルスがんウイルスロイシンジッパーペトロブラステイック火山外部構造エートヴェーシュ効果

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウイルス様粒子の関連情報