コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウインドシア ウインドシア wind shear

2件 の用語解説(ウインドシアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウインド‐シア(wind shear)

風の断層。水平または垂直方向に、風向または風速の差があること。一般的に前線面またはジェット気流の周囲に発生し、後者を晴天乱気流とよんでいる。ウインドシャー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウインドシア
ういんどしあ
windshear

水平方向や垂直方向に風向や風速が大きく変化することをいう。気象では、ベクトルとしての風が2点間で変化しているときシアがあるといい、水平成分を水平シア、鉛直成分を鉛直シアという。航空では、慣性の大きい大型機がシアのある流れの中を飛行するときに単位時間に受ける風(ベクトル)の変化をいう。航空機の事故はウインドシアによるものがもっとも多い。詳細は、項目乱気流の「乱気流とウインドシア」の章を参照されたい。[中山 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウインドシアの関連キーワード水平面横ずれ断層風向きサンピラー弱磁性垂直移動ワルターの法則フェルゲンツ電気的縦効果ネルンスト‐エッティングスハウゼン効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone