コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウインドシア wind shear

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウインドシア
ういんどしあ
windshear

水平方向や垂直方向に風向や風速が大きく変化することをいう。気象では、ベクトルとしての風が2点間で変化しているときシアがあるといい、水平成分を水平シア、鉛直成分を鉛直シアという。航空では、慣性の大きい大型機がシアのある流れの中を飛行するときに単位時間に受ける風(ベクトル)の変化をいう。航空機の事故はウインドシアによるものがもっとも多い。詳細は、項目乱気流の「乱気流とウインドシア」の章を参照されたい。[中山 章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウインドシアの関連キーワードストームトラックマイクロバーストウインドシアーエアポケット航空気象

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android