ウェストレーク(英語表記)Westlake, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ウェストレーク」の解説

ウェストレーク
Westlake, John

[生]1828.2.4. コーンウォール,ロストウィシエル
[]1913.4.14. ロンドン
イギリスの国際法学者。トリニティ・カレッジ卒業。法廷弁護士,下院議員を経てケンブリッジ大学の第3代国際法ヒューエル講座担当教授 (1888~1908) 。国際法学会の創立者の一人。主著『国際法』 International Law (04~07) ,『ウェストレーク国際公法論集』 Collected Papers of J. Westlake on Public International Law (14) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ウェストレーク」の解説

ウェストレーク
うぇすとれーく
John Westlake
(1828―1913)

19世紀後半のイギリスの代表的国際法学者。ケンブリッジ大学を卒業後弁護士となる。1888年同大学の国際法ヒューエル講座担当教授に迎えられ、1908年まで務め、常設仲裁裁判所裁判官にも登録された。国際私法にも造詣(ぞうけい)が深く、1858年『国際私法研究』を著した。国際法の主著には『国際法の諸原則について』(1894)、『国際法 平時』(1904)、『国際法 戦時』(1907)がある。

[池田文雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典「ウェストレーク」の解説

ウェストレーク

生年月日:1828年2月4日
イギリスの国際法学者
1913年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android