コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェストレーク(英語表記)Westlake, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェストレーク
Westlake, John

[生]1828.2.4. コーンウォール,ロストウィシエル
[没]1913.4.14. ロンドン
イギリスの国際法学者。トリニティ・カレッジ卒業。法廷弁護士,下院議員を経てケンブリッジ大学の第3代国際法ヒューエル講座担当教授 (1888~1908) 。国際法学会の創立者の一人。主著『国際法』 International Law (04~07) ,『ウェストレーク国際公法論集』 Collected Papers of J. Westlake on Public International Law (14) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェストレーク
うぇすとれーく
John Westlake
(1828―1913)

19世紀後半のイギリスの代表的国際法学者。ケンブリッジ大学を卒業後弁護士となる。1888年同大学の国際法ヒューエル講座担当教授に迎えられ、1908年まで務め、常設仲裁裁判所裁判官にも登録された。国際私法にも造詣(ぞうけい)が深く、1858年『国際私法研究』を著した。国際法の主著には『国際法の諸原則について』(1894)、『国際法 平時』(1904)、『国際法 戦時』(1907)がある。[池田文雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ウェストレーク

生年月日:1828年2月4日
イギリスの国際法学者
1913年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android