コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際法学会 こくさいほうがっかい

2件 の用語解説(国際法学会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際法学会
こくさいほうがっかい

一般に国際法に関する学会をいうが,特にかつて万国国際法学会と呼ばれた Institut de droit internationalをさすことが多い。この学会は,1873年,国際事項に関する文明世界の法律的良心の府としてベルギーヘントで設立され,国際公法国際私法の研究と発展のため定期的会合を開き,その成果を『年報』 Annuaireとして刊行している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

国際法学会

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「Japanese Society of International Law」。事務局所在地兵庫県神戸市一般財団法人

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際法学会の関連キーワード海法国際法立作太郎能楽論商学海洋法に関する国際連合条約一般財団法人 国際法学会一般社団法人日本画像学会憲法学会食料問題

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際法学会の関連情報