ウェッサン島(読み)ウェッサンとう(英語表記)Île d'Ouessant

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェッサン島
うぇっさんとう
le d'Ouessant

フランスの小島。ブルターニュ半島先端の沖合い約20キロメートルの大西洋中に位置し、フィニステール県に属す。面積約15平方キロメートル、人口932(1999)。ヒツジの放牧とジャガイモの栽培がおもな産業。近海は航行に危険な海域で灯台があり、「ウェッサンを見る者は血を見る」という諺(ことわざ)がある。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android