ウェッサン島(読み)ウェッサンとう(英語表記)Île d'Ouessant

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェッサン島
うぇっさんとう
le d'Ouessant

フランスの小島。ブルターニュ半島先端の沖合い約20キロメートルの大西洋中に位置し、フィニステール県に属す。面積約15平方キロメートル、人口932(1999)。ヒツジの放牧とジャガイモの栽培がおもな産業。近海は航行に危険な海域で灯台があり、「ウェッサンを見る者は血を見る」という諺(ことわざ)がある。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android