コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェッサン島 ウェッサンとうÎle d'Ouessant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェッサン島
ウェッサンとう
Île d'Ouessant

フランス西部,ブルターニュ半島先端の島。フィニステール県に属する面積 15km2の小島で,ここの灯台イギリス海峡の南の入口を示す。おもな町はランポールで漁民が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェッサン島
うぇっさんとう
le d'Ouessant

フランスの小島。ブルターニュ半島先端の沖合い約20キロメートルの大西洋中に位置し、フィニステール県に属す。面積約15平方キロメートル、人口932(1999)。ヒツジの放牧とジャガイモの栽培がおもな産業。近海は航行に危険な海域で灯台があり、「ウェッサンを見る者は血を見る」という諺(ことわざ)がある。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウェッサン島の関連キーワードビスケー湾高橋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウェッサン島の関連情報