コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルニヒ Wernich, Albrecht Ludwig Agathon

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ウェルニヒ Wernich, Albrecht Ludwig Agathon

1843-1896 ドイツの医学者。
1843年7月15日生まれ。明治7年(1874)東京医学校(東大医学部の前身)の教師として来日。B.ミュラーとT.ホフマンのあとをつぎ,産婦人科学と内科学をおしえた。9年帰国。1896年5月19日死去。52歳。ケーニヒスベルク大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ウェルニヒ

没年:1896.5.19(1896.5.19)
生年:1843.7.15
明治期に来日したお雇い外国人。ドイツ人医師。エルビング生まれ。ケーニヒスベルク大で学ぶ。普仏戦争(1870~71)に軍医として従軍。ベルリン大産婦人科講師。ホフマン(軍医)の後任として,文部省に招かれて明治7(1874)年11月来日。東京医学校(東大)教師で産婦人科を主に,内科をも兼ねた。外国よりの産婦人科の専門家は彼が最初である。9年11月,2年間の任期満了となり帰国,後任はベルツ。のちベルリン大学講師などを勤めた。脚気に関する論文がある。

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ウェルニヒの関連キーワードおもなお雇い外国人シュルツェ没年

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android