ウェルニヒ(読み)Wernich,Albrecht Ludwig Agathon

朝日日本歴史人物事典「ウェルニヒ」の解説

ウェルニヒ

没年:1896.5.19(1896.5.19)
生年:1843.7.15
明治期に来日したお雇い外国人。ドイツ人医師。エルビング生まれ。ケーニヒスベルク大で学ぶ。普仏戦争(1870~71)に軍医として従軍。ベルリン大産婦人科講師。ホフマン(軍医)の後任として,文部省に招かれて明治7(1874)年11月来日。東京医学校(東大)教師で産婦人科を主に,内科をも兼ねた。外国よりの産婦人科の専門家は彼が最初である。9年11月,2年間の任期満了となり帰国,後任はベルツ。のちベルリン大学講師などを勤めた。脚気に関する論文がある。

(長門谷洋治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「ウェルニヒ」の解説

ウェルニヒ Wernich, Albrecht Ludwig Agathon

1843-1896 ドイツの医学者。
1843年7月15日生まれ。明治7年(1874)東京医学校(東大医学部の前身)の教師として来日。B.ミュラーとT.ホフマンのあとをつぎ,産婦人科学と内科学をおしえた。9年帰国。1896年5月19日死去。52歳。ケーニヒスベルク大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android