東京医学校(読み)とうきょういがっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京医学校
とうきょういがっこう

東京大学の前身の一つ。江戸幕府直轄の医学所を起源とし,明治維新後は新政府直轄の医学校,明治2 (1869) 年大学東校,同4 (71) 年東校と改めた。東校時代にドイツから教師を招き,以後ドイツ医学の教育が主流となる。同5 (72) 年「学制」の発布に伴って第一大学区医学校となり,74年東京医学校となった。 77年東京開成学校と合併して東京大学が創設され,その医学部となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とうきょう‐いがっこう トウキャウイガクカウ【東京医学校】

東京大学医学部の前身。江戸幕府の医学所に始まる。慶応四年(一八六八)医学校、明治二年(一八六九)大学東校、同四年に東校となり、同五年に改称。同一〇年、東京大学医学部となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京医学校の関連情報