コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェントラント ウェントラントWendland, Heinz-Dietrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェントラント
Wendland, Heinz-Dietrich

[生]1900.6.22. ベルリン
[没]1992.8.7. ハンブルク
ドイツの神学者。ベルリンの社会事業学校の講師 (1925) ,ハイデルベルク大学私講師 (1929) ,キール大学新約聖書学教授 (1937) ,ミュンスター大学教授 (1955) 。その間マリネクリーゲスの牧師を務める (1939~45) 。 M.ディベリウスの流れをくむ新約聖書学者であるとともにキリスト教社会倫理学者としても著名。著書は『新約聖書の倫理』 Ethik des NT (1970) のほか"Die Eschatologie des Reiches Gottes bei Jesus" (1931) ,"Geschichtsanschauung und Geschichtsbewusstsein im NT" (1938) ,"Die Kirche in der modernen Gesellschaft" (1956) ,"Botschaft an die soziale Welt" (1959) ,"Sozialethik im Umbruch der Gesellschaft" (1969) ,"Einführung in die Sozialethik" (1971) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウェントラントの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ウンベルト1世義和団事変ケイロース酒井雄三郎ドールセントルイス・カージナルス耐火物ベルトルッチ内閣総理大臣

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android