ウェントラント(英語表記)Wendland, Heinz-Dietrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェントラント
Wendland, Heinz-Dietrich

[生]1900.6.22. ベルリン
[没]1992.8.7. ハンブルク
ドイツの神学者。ベルリンの社会事業学校の講師 (1925) ,ハイデルベルク大学私講師 (1929) ,キール大学新約聖書学教授 (1937) ,ミュンスター大学教授 (1955) 。その間マリネクリーゲスの牧師を務める (1939~45) 。 M.ディベリウスの流れをくむ新約聖書学者であるとともにキリスト教社会倫理学者としても著名。著書は『新約聖書の倫理』 Ethik des NT (1970) のほか"Die Eschatologie des Reiches Gottes bei Jesus" (1931) ,"Geschichtsanschauung und Geschichtsbewusstsein im NT" (1938) ,"Die Kirche in der modernen Gesellschaft" (1956) ,"Botschaft an die soziale Welt" (1959) ,"Sozialethik im Umbruch der Gesellschaft" (1969) ,"Einführung in die Sozialethik" (1971) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android