コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェーバ weber

翻訳|weber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェーバ
weber

磁束の SI組立単位。記号は Wb。 1Wbは1回巻きの閉回路と鎖交する磁束が一様に減少し,1秒後にゼロとなるとき,この回路に 1Vの起電力を生じる磁束である。単位名は W. E.ウェーバーの名にちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

ウェーバ

SIの磁束の単位。固有の名称を持つ組立単位で、ドイツの物理学者名にちなむ。コイルを通過する磁束が毎秒1 Wbの一様な速度で変化する時、1巻きのコイルの両端に1 Vの起電力が発生する、という関係により定められる。

(今井秀孝 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウェーバ(weber)

国際単位系(SI)の磁束の単位。1回巻きの閉回路を貫く磁束が、一様に減少して1秒後に消滅するとき、その閉回路に1ボルトの起電力を生じさせる磁束。名称はW=E=ウェーバーにちなむ。記号Wb

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ウェーバ【weber】

〔ドイツの物理学者ウェーバーにちなむ〕
磁束の SI 単位。一ウェーバはガウス単位系の一億マクスウェルにあたる。記号 Wb  

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ウェーバの関連キーワードヴェーバー(Carl Maria (Friedrich) von Weber)ウエーバー(Carl Maria (Friedrich) von Weber)ヴェーバー(Eduard Friedrich Wilhelm Weber)ウエーバー(Eduard Friedrich Wilhelm Weber)ウェーバー(Eduard Friedrich Wilhelm Weber)ヴェーバー(Ernst Heinrich Weber)ヴェーバー(Wilhelm Eduard Weber)ウエーバー(Ernst Heinrich Weber)ウェーバー(Ernst Heinrich Weber)ウエーバー(Wilhelm Eduard Weber)ヴェーバー(Alfred Weber)ウエーバー(Alfred Weber)ウエーバー(Max Weber)ヴェーバー(Max Weber)マックスウェーバーフェヒナーの法則ウェーバーの法則ウェーバー器官テスラ(単位)神経皮膚症候群

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウェーバの関連情報