コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォロフ族 ウォロフぞくWolof; Ouolof

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォロフ族
ウォロフぞく
Wolof; Ouolof

西アフリカのセネガル西部からガンビアにかけて居住する民族。人口約 350万と推定される。移動耕作を主生業とし,しこくびえ,きび,とうもろこしなどを栽培するが,換金作物として落花生が近年重視されている。海岸地方では漁業を行い,織布,皮革業,籠細工,金工なども盛んである。伝統的に,父系的に継承される固定的な7つの階層から成る階層社会を形成し,最高首長が統治するいくつかの国々に分立した。出自は,伝統的には二重単系制をとるが,18世紀のイスラム化後は父系的傾向が強まった。政治組織は,複合家族から成る村,およびその首長が基礎単位となる。最近では都市に住む者も少くない。言語は,ニジェール=コンゴ語派の大西洋岸諸語に属し,商業上の共通語として,周辺の交易都市でも用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のウォロフ族の言及

【ウォロフ王国】より

…11世紀ころ,ムラービト朝によってイスラム教がもたらされると,それを嫌ってセネガルへと南下したものと思われる。口誦伝承によると,部族としてまとまりをもったウォロフ族の始祖はヌジャージャン・ヌジャイという人物とされ,彼以降,国の統一が進んだ。その時期は12世紀末から14世紀の間と推定される。…

【ガンビア】より

…その結果,今日ガンビア住民の90%はイスラム教徒である。隣国セネガルの主要部族でもあるウォロフ族は19世紀後半より入ってきたが,首都バンジュルの支配的住民として商業を営むかたわら,商品作物のラッカセイ栽培も行う。フルベ(フラニ)族は上流地域で牛を飼育する牧畜民である。…

【セネガル】より

…都市人口は総人口の約42%(1995)を占め,アフリカでも最も都市化の進んだ国の一つであり,首都ダカールをはじめ,ティエス,カオラク,サン・ルイなどの都市が発達している。住民ではウォロフ族が最も多く,総人口の3分の1以上を占める。次いでフルベ(フラニ,プール)族,セレル族,トゥクロール族,ディオラ族,マリンケ族などが有力な部族である。…

【モーリタニア】より

…一方,黒人系の諸部族は,南部のセネガル川流域に居住している。なかでも,セネガル川中流の河谷に住むトゥクロール族がいちばん人口が多く,次いでマリとの国境地域のサラコレ族Sarakole(ソニンケとも),セネガル川下流域のウォロフ族Wolofが続いている。いずれも,ミレット,トウモロコシ,ラッカセイなどを栽培する農耕民で,灌漑により稲作も行っている。…

※「ウォロフ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウォロフ族の関連キーワードウォロフ王国モーリタニア西アフリカニジェールディオプ