コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォークマン Walkman

翻訳|Walkman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォークマン
Walkman

小型の再生専用音楽プレーヤに小型のヘッドホンをつけ,携帯を可能にしたステレオ音響機器の商標。1979年ソニーが発売,若者の絶大な支持を集め,音楽を聴きながら町を歩くことが社会現象となり,やがて日常的な行為となった。家電各社が同様の商品を発売,「ウォークマン」はヘッドホンステレオ機器の代名詞的存在となった。小型軽量化と多機能化が進み,録音機能やラジオ受信機能をもつものも登場。記録媒体も多様化し 1980年代半ばに CD(コンパクトディスク)用,1992年に MDミニディスク)用機器が登場,1999年にはインターネットで配信された音楽データをフラッシュメモリに記録するものが発売された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

ウォークマン

ソニーが開発し、一世を風靡した携帯用音楽プレーヤー。「ウォークマン」はソニーの登録商標で、一般には「ヘッドホンステレオ」。一九七九年にスタートした当初はカセットテープ用だったが、現在は、CD、MD、カード型メモリーメディア用のウォークマンが普及している。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ウォークマン

ソニーが販売するポータブルオーディオプレイヤーのシリーズ名。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ウォークマンの関連キーワードデジタル・オーディオ・プレーヤーポータブルオーディオプレーヤーデジタルオーディオプレーヤーCONNECT Player携帯デジタル音楽プレーヤーデジタルオーディオディスクウォークマンドックコンポDeep ImpactSonicStageロス ラブグローブ携帯音楽プレーヤーMP3プレーヤー西川りゅうじん河口こうへいソニー(株)未来技術遺産ATRAC3久保田紗友盛田 昭夫長崎佑美

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウォークマンの関連情報