ウスヒザラガイ(英語表記)Ischnochiton comptus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスヒザラガイ
Ischnochiton comptus

軟体動物門多板綱ウスヒザラガイ科。体長 2.3cm,体幅 1.3cmぐらい。体は長楕円形で,背面のふくらみは弱い。8枚のは前後に重なって並び,殻上に顕著な彫刻はなく,殻を囲む肉帯はむしろ狭い。体色個体変異が著しく灰白色より暗褐色であるが,一色でなく斑状になっていることが多い。最前部の頭板は半円形,中間板は横に広くゆるやかに彎曲し,最後部の尾板は円形に近い。北海道南部以南の潮間帯の岩礫上にすむ普通種。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスヒザラガイ
うすひざらがい / 薄石鼈貝
[学]Ischnochiton comptus

軟体動物門多板綱ウスヒザラガイ科のヒザラガイ。北海道南部からオーストラリア北部に至る西太平洋海域一帯に分布し、潮間帯の岩礫(がんれき)の間に普通にみられる。体長25ミリメートル、体幅13ミリメートルぐらいのものが多く、長楕円(ちょうだえん)形で高さは低くて扁平(へんぺい)にみえる。殻の周縁部の肉帯は狭く鱗片(りんぺん)状で、色も個体変化に富み灰白色から暗褐色まであり、斑紋(はんもん)、縞(しま)があったり単色のものもある。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android