コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスヒザラガイ ウスヒザラガイ Ischnochiton comptus

2件 の用語解説(ウスヒザラガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスヒザラガイ
ウスヒザラガイ
Ischnochiton comptus

軟体動物門多板綱ウスヒザラガイ科。体長 2.3cm,体幅 1.3cmぐらい。体は長楕円形で,背面のふくらみは弱い。8枚の殻は前後に重なって並び,殻上に顕著な彫刻はなく,殻を囲む肉帯はむしろ狭い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスヒザラガイ
うすひざらがい / 薄石鼈貝
[学]Ischnochiton comptus

軟体動物門多板綱ウスヒザラガイ科のヒザラガイ。北海道南部からオーストラリア北部に至る西太平洋海域一帯に分布し、潮間帯の岩礫(がんれき)の間に普通にみられる。体長25ミリメートル、体幅13ミリメートルぐらいのものが多く、長楕円(ちょうだえん)形で高さは低くて扁平(へんぺい)にみえる。殻の周縁部の肉帯は狭く鱗片(りんぺん)状で、色も個体変化に富み灰白色から暗褐色まであり、斑紋(はんもん)、縞(しま)があったり単色のものもある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウスヒザラガイの関連キーワード多板類軟体動物火皿貝軟体類オオバンヒザラガイ(大判石鼈貝)ケハダヒザラガイ(毛膚石鼈貝)ババガセ(婆々が背)ヒザラガイ(石鼈貝)ケムシヒザラガイ多板綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone