コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスマシンタ川 ウスマシンタがわRío Usumacinta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスマシンタ川
ウスマシンタがわ
Río Usumacinta

グアテマラ北部とメキシコ東部を流れる川。グアテマラの中央高地に発するチホイ川とパシオン川が合流してウスマシンタ川となり,初め両国国境をなしながら北西流し,グアテマラのピエドラスネグラスの下流で国境を離れてメキシコに入り,カンペチェ湾南岸の低湿地を曲流しながらほぼ北西に流れて同湾に注ぐ。最下流部は分流し,主流をなす西の分流はグリハルバ川と合流してフロンテラ下流で湾に注ぎ,サンペドロ川と呼ばれる中央の分流はサンペドロで湾に流入,東の分流パリサダ川はテルミノス潟湖に注ぐ。源流のチホイ川を含めて全長約 1000km,このうち内陸部の約 500kmが航行可能で,重要な経済動脈となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウスマシンタ川の関連キーワードボナンパク遺跡道(way)テルミノス湖タバスコパレンケ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android