ウスマシンタ川(読み)ウスマシンタがわ(英語表記)Río Usumacinta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスマシンタ川
ウスマシンタがわ
Río Usumacinta

グアテマラ北部とメキシコ東部を流れる川。グアテマラの中央高地に発するチホイ川とパシオン川が合流してウスマシンタ川となり,初め両国国境をなしながら北西流し,グアテマラのピエドラスネグラスの下流で国境を離れてメキシコに入り,カンペチェ湾南岸の低湿地を曲流しながらほぼ北西に流れて同湾に注ぐ。最下流部は分流し,主流をなす西の分流はグリハルバ川と合流してフロンテラ下流で湾に注ぎ,サンペドロ川と呼ばれる中央の分流はサンペドロで湾に流入,東の分流パリサダ川はテルミノス潟湖に注ぐ。源流のチホイ川を含めて全長約 1000km,このうち内陸部の約 500kmが航行可能で,重要な経済動脈となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android