ウズボイ(英語表記)Uzboi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウズボイ
Uzboi

旧ソ連,中央アジア西部,カラクム砂漠北縁のサリカムィシュ低地からカスピ海まで連なる古代河川の跡。長さ約 550km,幅 200mから2~4km。古典古代時代にはすでに涸れ谷になっていた。文献上では中世には流れる川であったとの記録があるが,これはホラズム地方の灌漑網破壊による一時的現象とされている。流路の跡に塩湖や塩の堆積層 (6~7m) がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウズボイ
うずぼい
Узбой Uzboy 

中央アジアのトルクメニスタン共和国にある長大な河道跡。カラクム砂漠の北西縁を、北東から南西方向に連なり、カスピ海に至る。長さ約550キロメートル(屈曲部をあわせると775キロメートル)、ソロンチャク(塩沢地)の凹地と小湖沼が連接し、サクサウール(アカザ科の半低木)やタマリスク(ギョリュウ)の生えたオアシスをなす。沿線にはシルワンカラなどの古代都市の遺跡や、10~13世紀のキャラバン・サライ(隊商宿営地)が発見されている。1950年代初めの、いわゆる自然改造計画の再現として、このウズボイに沿う運河建設が行われている。[熊木洋太]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android