コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウズボイ ウズボイ Uzboi

2件 の用語解説(ウズボイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウズボイ
ウズボイ
Uzboi

旧ソ連,中央アジア西部,カラクム砂漠北縁のサリカムィシュ低地からカスピ海まで連なる古代河川の跡。長さ約 550km,幅 200mから2~4km。古典古代時代にはすでに涸れ谷になっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウズボイ
うずぼい
Узбой Uzboy 

中央アジアのトルクメニスタン共和国にある長大な河道跡。カラクム砂漠の北西縁を、北東から南西方向に連なり、カスピ海に至る。長さ約550キロメートル(屈曲部をあわせると775キロメートル)、ソロンチャク(塩沢地)の凹地と小湖沼が連接し、サクサウール(アカザ科の半低木)やタマリスクギョリュウ)の生えたオアシスをなす。沿線にはシルワンカラなどの古代都市の遺跡や、10~13世紀のキャラバン・サライ(隊商宿営地)が発見されている。1950年代初めの、いわゆる自然改造計画の再現として、このウズボイに沿う運河建設が行われている。[熊木洋太]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウズボイの関連キーワードカラクム運河カラクム砂漠キジルクム砂漠砂漠気候トゥラン低地メルブ奄蔡漠北双峰駱駝カラテペ(中央アジア)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone