コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウッドケミカルズ wood chemical

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウッドケミカルズ
wood chemical

狭義には木材を原料とする化学製品を指すが,広義には製造過程で使用される化学やバイオ技術を含めた総称。木材の構成成分は主にセルロース,ヘミセルロースリグニンであるが,これらを化学的に分解したり修飾を加えたりして新しい化合物を作り出す。木材から再生セルロースを作り人絹の製造を産業として成功させたことはウッドケミカルズの初期の成果といえる。近年はバイオ技術を使って木材を分解してエタノールエチレンベンゼンなどを製造することに大きな力が注がれている (バイオマス) 。これは再生可能な木材資源を使って基礎的な化学原料を作り原油の価格上昇に備えようとするものである。採算の目安は一応1バーレル 30ドルといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android