ウドンコビョウキン(読み)うどんこびょうきん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子嚢(しのう)菌類、ウドンコキン科Erysiphaceaeのカビ型の植物病原菌をいう。菌は生きている植物の表面にのび広がり、表皮細胞内に、吸器とよばれる養分吸収菌糸を差し込んで、養分を奪う。菌は、絶対的活物寄生菌なので宿主細胞を殺さないが、被害葉は黄変し、萎縮(いしゅく)する。うどん粉状の白粉はオイジアとよばれる分生胞子で、春から秋にかけて形成される。秋になると白い菌糸層の中に黒い小粒状の子嚢殻をつくり、その中に子嚢胞子を形成して越冬する。子嚢殻の表面にはさまざまな形の付属糸とよばれる菌糸をつける。その形はウドンコビョウキンの分類基準となる。日本では10属、100種ほどが記録されている。各種の農作物、果樹、園芸作物、林木、雑草に寄生し、よく目だつ病気であり、実害も少なくない。英語でpowdery mildew fungiという。

[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android