ウマイヤ朝美術(読み)ウマイヤちょうびじゅつ(英語表記)Umayyad art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウマイヤ朝美術
ウマイヤちょうびじゅつ
Umayyad art

シリアを中心に発展したウマイヤ朝治下の初期イスラム美術。代表的建築として,ダマスカスの大モスクエルサレム岩のドームなどがあげられる。壮大な建築や華麗なモザイク装飾には,ビザンチン美術の影響がみられる。世俗的な建築として,ヒルバ・アルマフジャール,アムラ城ムシャッタ宮殿などの砂漠の宮殿が知られ,宗教上の禁制が未確立であった当時の人物壁画,豪華なモザイクやスタッコ装飾がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android