コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマリー Ibn Faḍl Allāh al‐‘Umarī

世界大百科事典 第2版の解説

ウマリー【Ibn Faḍl Allāh al‐‘Umarī】

1301‐49
マムルーク朝時代の代表的な百科全書的学者の一人。ダマスクスで生まれ没した。カイロ,アレクサンドリアなどで,教師,裁判官を務める。文学,歴史,地理,書記術などに優れ,それぞれの分野の著書がある。主たる業績は地理学の大著《諸国道里一覧》で,同時代のエジプト,シリア,ヒジャーズ,そのうえモンゴル,トルコ,クルドなどの諸族の地方についても詳しく,地誌,人物誌,博物誌など,多彩な記述で貴重な情報を提供する。【湯川 武】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウマリーの言及

【百科事典】より

…また,マムルーク朝の文書行政にたずさわる書記(カーティブ)のなかから,さらに体系的な形で〈知の総合〉を行う者が現れた。その代表が,エジプトの三大百科事典家といわれるヌワイリーウマリーカルカシャンディーである。 マムルーク朝のスルタン,ナーシル(在位1293‐94,1299‐1309,1310‐41)の下で軍務庁や監査庁の長官を歴任したヌワイリーは,晩年の二十数年を費やして書記のための知識を総合した《窮極の目的Nihāya al‐arab》31巻を完成した。…

※「ウマリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウマリーの関連キーワードカルカシャンディーヌワイリー