コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウムアルラサス ウムアルラサスUmm ar-Rasas

1件 の用語解説(ウムアルラサスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウム‐アル‐ラサス(Umm ar-Rasas)

ヨルダン西部にある遺跡。ウマイヤ朝時代の名称はカストロンメファーマダバの南東約30キロメートルに位置する。古代ローマ帝国東ローマ帝国、初期イスラム王朝の支配の下で築かれた要塞や教会などがある。8世紀建造の聖ステファン教会の床面には、マダバ、ガザなどの町を描いた保存状態のよいモザイクが残っていることで有名。3世紀末から9世紀にかけて、連続した各時代の遺構が見られ、2004年に世界遺産文化遺産)に登録された。ウンムアルラサースウムエルラサス

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone