ウムアルラサス(英語表記)Umm ar-Rasas

デジタル大辞泉の解説

ウム‐アル‐ラサス(Umm ar-Rasas)

ヨルダン西部にある遺跡。ウマイヤ朝時代の名称はカストロンメファーマダバの南東約30キロメートルに位置する。古代ローマ帝国東ローマ帝国、初期イスラム王朝の支配の下で築かれた要塞や教会などがある。8世紀建造の聖ステファン教会の床面には、マダバ、ガザなどの町を描いた保存状態のよいモザイクが残っていることで有名。3世紀末から9世紀にかけて、連続した各時代の遺構が見られ、2004年に世界遺産(文化遺産)に登録された。ウンムアルラサースウムエルラサス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android