コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウュルツブルク学派 ウュルツブルクがくはWürzburger Schule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウュルツブルク学派
ウュルツブルクがくは
Würzburger Schule

19世紀末から 20世紀初めにかけて,ドイツのウュルツブルク大学で心理学者 O.キュルペを中心に,K.ビューラー,N. K.アッハ,K.マルベ,O.ゼルツらによって形成された実験心理学派。思考や意志など,いわゆる思考心理の過程に実験的方法を導入し,感覚や心像を必要としない無心像思考に注目して,実験的内観法の方法論を確立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウュルツブルク学派の関連キーワード思考心理学決定傾向レビン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android