コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心像 しんぞうimage

翻訳|image

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心像
しんぞう
image

(1) 一般的には,外界の刺激対象なしに,つまり感覚器官に刺激作用が与えられることなしに再現された感覚的体験ないしは映のこと。この意味では表象とほぼ同義。種々の感覚様相に応じて視覚心像,聴覚心像,触覚心像がある。一般に,現前した刺激対象に基づいて生じる知覚体験より具体性に欠けて不鮮明かつ不安定であるが,幻覚の場合のように知覚像と区別しえないこともある。 (2) より抽象的には,思考作用の過程で再現された,ないしはその過程を支持している具体的意識内容を意味し,象徴機能の一つの側面を示す。観念とほぼ同義。 (3) 事物事象に対して人のもつ包括的な概念,判断,嗜好,態度などの印象の全体をさす。この場合特にイメージという用語が多く用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐ぞう〔‐ザウ〕【心像】

image》過去の経験や記憶などから、具体的に心の中に思い浮かべたもの。視覚心像・聴覚心像・嗅覚心像など、すべての感覚に対応した心像がある。表象。心象。イメージ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんぞう【心像】

記憶・想像などにより、現実の刺激なしに意識に生じる直接的な像。視覚心像・聴覚心像・運動心像などがある。表像。心象しんしよう。イメージ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

心像
しんぞう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

心像の関連キーワードバーカー(George Granville Barker)フランシス ゴールトンウュルツブルク学派ボディ・イメージイメージ広告イメジェリー無心像思考構成心理学島田 謹介ビューラー金 光林擬似環境キュルペシルダー意識性幻影肢象徴界白昼夢空想連合

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心像の関連情報